ブームになり続けるダイエット!

いつの世もきれいになりたいという思いは変わらない女性の気持ち。

きれいになるって色々な方法があるけれど、最も多く上げられるのは、やはりダイエット。

きれいになる=ダイエットって考えている人もかなり多いのではないかなと思います。

痩せるっていうことは難しいけれど、きれいになりたいっていう思いがプラスされると、頑張れたり、そんな意識がきれいにしてくれるのかもしれません。

そんなダイエットですから、いつの時代もブームになるダイエット方法があります。

色々試してきたことのある人も多いことでしょう。

実際どんなダイエット方法がブームになってきたのでしょうか?

1960年代、ツイッギーが来日したことで、日本の女性達の多くはミニスカートに憧れを抱き、ミニスカートを履くための過激なダイエットをするために、強力な痩せ薬の様なものが流行ったりしたそうです。

1970年代になると、高度経済成長もピークになり、食事も贅沢になり、太る人が増えたことから、カロリー計算のダイエット本やルームランナーなどの健康器具が大注目されました。

そして1980年代になると、決められた物だけを食べ続けるというダイエットがマスコミによって大ブームになります。

りんごダイエット、ゆで卵ダイエットなどです。

紅茶きのこや杜仲茶などの健康茶も流行りました。

1990年代では、バブルがはじけたことで、お金を使わないダイエットが目立ってきます。

カカトのないスリッパや風船ダイエット、テーピングダイエットなどです。

2000年代に入ると、メタボや生活習慣病が多く取りだたされ、健康への意識が高まったことで、サプリメントが注目、ダイエットも科学的根拠に基づいたアミノ酸ダイエット、デトックスダイエットなどが流行りました。

こちらもあわせてご覧下さい⇒http://www.bhutanevergreen.com/